ボクらは自由な大学生を謳歌する

節約したお金で読書にいそしむ月収4桁ライター/スポンサー募集してます

【初心者向け】カンタンに文章がうまくなる書き方の手順

f:id:superwriter:20181124174404p:plain

こんにちは、おさるです!

 

ブログやライティングを始めたばかりの人の中には、なんだかまとまりのない文章だなあと、なやむことはありませんか?

 

そこで、ライター兼ブロガーのボクが、カンタンに文章がうまくなる書き方の手順を紹介しますよ!

 

全体の構成/もくじを考えよう

まず最初に、書きたい文章の全体の構成、もしくはもくじを考えてみましょう。

 

これは記事の設計図にあたります。

 

設計図なしには家を建てることができませんよね?

 

文章でも同じことが言えますよ。

 

設計図となる構成やもくじがあると、あとはそれに沿って文章を書いていけばいいので、途中で内容がずれてしまうこともありません!

 

ネタを集めよう

全体の構成が決まったら、それに合わせたネタを集めましょう。

 

ここで言うネタとは、実際に文章を書くときに使う知識・情報や、エピソードのことです。

 

このとき、それぞれの見出しにつき2つのネタを詰めていくと、すっきりした文章になりやすいですよ。

 

たとえば、見出しの中の最初のネタでは、知識・情報を、2つめのネタで具体的なエピソードを書いてみると、いいですね。

 

構成とネタに肉づけしていこう

文章の大きな構成と、各見出しの中のネタが決まったら、実際に文章を書いていきましょう!

 

そのときには、これまで作ってきた構成とネタに、肉づけするように文章を書いていくとよいですよ。

 

そうすれば、書ける内容が決まっているので、すらすらと書くことができますよ。

 

文章がうまい人や、筆が速い人は、こうした構成、ネタ集め、肉づけの手順を頭の中でさっとやることができているのです。

 

これはたくさん本数を書いて、だんだんと慣れていくことでできるようになりますよ!

 

最後にさっと見直ししよう!

さあ、文章が完成したら、最後にさらっと見直ししてみましょう!

 

そのときには、「てにをは」と「意味段落」を意識しましょう。

 

文章を書きなれていないと、途中で「てにをは」がずれてしまうことがよくありますよね。

 

無意識にやってしまいがちなので、そこを見直してみましょう。

 

また、「意味段落」を意識してみましょう。

 

意味段落とは、文章の意味のまとまりです。

 

文章の中で、同じくらいのボリュームの意味段落がならぶようにすると、すっきりしますよ。

 

まとめ

カンタンに文章がうまくなる書き方の手順は、

 

1.全体の構成/もくじを考える

2.ネタを集める

3.肉づけをする

4.さっと見直しする

 

この4つを実践してみましょう!

 

関連記事:

駆け出しフリーライターの稼ぎ方・簡単なステップアップ方法

ノウハウ<経験|カンタンにライティング技術を上げる方法