ボクらは自由な大学生を謳歌する

節約したお金で読書にいそしむ月収4桁ライター/スポンサー募集してます

駆け出しフリーライターの稼ぎ方・簡単なステップアップ方法

こんにちは、おさるのこしかけです。

ボクはフリーライター「superwriter」としても活動しています。

 

今回は、そんなボクが、駆け出しフリーライターの稼ぎ方・ステップアップの仕方についてご紹介します。

 

稼げないフリーライターは現状維持しかしていない

f:id:superwriter:20180331123838j:plain

なかなかプロジェクト案件で稼げないフリーライターは、現状維持しかしていないことがほとんどです。

 

現状維持とは、今ある契約に一生懸命になってしまっている状態ですね。ボクもやりがちです。

 

しかし、同じ契約の仕事ばかりしていては、あなたの仕事は全く楽にはなりません。

 

現状維持ではなく、常に高単価案件へとステップアップしていくことを考えましょう。

 

関連記事は「クラウドソーシングは儲からない、だけど」3ヶ月仕事をしてみて感じた5つのことを読んでみよう!

ストック型のブログビジネスとは違い、フリーライターは消費型ビジネスだ

副業やフリーライターの仕事として最も有名なのが、クラウドワークス などのクラウドソーシングとブログビジネスです。

 

しかしこの二つの仕事は、ビジネス形態が全く異なります。

 

ブログはストック型のビジネスで、書いた記事が必ず資産となって収益を生みます。ただし、ある一定レベルを越えないと、そもそも収益自体が発生しません。

 

対してフリーライターは、消費型のビジネスです。

 

書いた記事をクライアントに納品した後は、その記事がどれだけ収益を生み出そうとも、追加報酬を得ることができません。

 

そのため、フリーライターとして稼ぐためのコツは、納品時に獲得する報酬額を増やすということになります。

 

初心者クライアントに気を付けよう

納品時の報酬額を増やすといっても、何も考えずに高い報酬の案件ばかりに応募していいわけではありません。

 

クラウドソーシングにおいては、あまりにも簡単に仕事をしたり、仕事を募集したりすることができます。

 

そのため、クライアントにも初心者が多いのです。

 

例えば、高単価なのに、実際に仕事をしてみたら、めちゃくちゃな記事作成ルールばかりだったり、無鉄砲にキーワードを盛り込むだけの記事を書かされたりします。

 

記事単価は高くても、実質時給を計算するとかなり低賃金であることも珍しくありません。

 

クライアントにも初心者がいることを忘れてはいけません。

 

稼ぐコツ2.「複数の案件を掛け持ちしよう」

f:id:superwriter:20180331124010j:plain

フリーライターとして稼ぐためのコツは、複数の案件を掛け持ちすることです。

 

1つの案件で毎月1万円稼ぐことができていれば、同じレベルの仕事を5つ掛け持ちすれば、月収5万円になります。

 

このように掛け持ちすると、単純に収益が上がります。

 

掛け持ちのメリット

フリーライターの案件掛け持ちのメリットは、報酬額増加だけではありません。

 

実は、記事の質やジャンルにも良い効果があります。

 

つまり、ある案件で書いた記事の知識が、他の案件の記事に役立つということです。

 

例えば、節約記事の案件を2つ掛け持ちしていると、一方で書いた記事の内容を活かして、もう一方の案件の記事を書くこともできます。

 

いうなれば、1つの知識で2つの記事を書くことができるのです。

 

そのため、案件の掛け持ちをしていると、より効率的に仕事をすることができます。

 

稼ぐコツ2.「高単価案件にチャレンジしよう」

f:id:superwriter:20180331124104j:plain

案件をいくら掛け持ちしていても、それらの単価が同じレベルのままでは、フリーライターとしての収益は上がっていきません。

 

そのため、より仕事の効率を上げるためにも、高単価案件にチャレンジしましょう。

 

今契約している仕事よりも単価の高い案件に挑戦するだけで良いです。

 

最初はほとんどの案件に落ちますが、稀に合格することがあります。

 

そのチャンスを作るには、毎日新しい案件に応募するしかありません。

 

高単価案件に受かるコツ

高単価案件に合格するにはどうすれば良いでしょうか。

 

まずは応募時にクライアントに送るメッセージを見直してみましょう。

 

クライアントが欲しい情報は何でしょうか?

 

このライターは自社のメディアに合ったジャンルの知識があるか?

 

SEOライティングのレベルはどのくらいだろうか?

 

ウェブライターの経験はあるのか?

 

毎月何本納品できるだろう?

 

独自取材はできるだろうか?

 

そんなクライアント側の要望を汲み取り、メッセージを送ることができれば、高単価案件に合格する確率はぐっと上がります。

 

トライアル記事に全力を注ごう

高単価案件に合格するために必ず必要なのが、トライアル記事の作成です。

 

クライアントが、このライターは本当に記事を書けるのかを判断するためのトライアル試験です。

 

このトライアルで受かるか落ちるかが決まるので、トライアルに全力を注ぎましょう。

 

具体的には

・事前調査を入念に行う

・クライアントの要望を汲み取る

・記事の構成を見直す

・誤字脱字を見直す

・全体的に読みやすい文章になっているか見直す

 

これらを徹底すれば、いつかは合格します。

 

最初は落ちるかもしれません。

 

しかしこれらを繰り返していけば、あたなのライティングスキルは間違いなく向上します。

 

まとめ

f:id:superwriter:20180331124619j:plain

今回は駆け出しフリーライターの稼ぎ方・ステップアップの仕方をご紹介しました。

 

現状維持はやめる・複数案件を掛け持ちする・高単価案件に挑戦する

 

これだけであなたの稼ぎは飛躍的に上がります。

 

さあ、今すぐにフリーライターとして仕事をしてみましょう。

 

安心安全で稼げるフリーライターのための「クラウドワークス 」はこちらから登録。

 

次は駆け出しフリーランスが陥る「出勤のワナ」と出勤の注意点3つを読んでみよう!

次は「BroadWiMAX」がおすすめの4つの理由・業界最安価・通信制限なしのポケットWi-Fiを読んでみよう!

次は「BroadWiMAX」の5つのメリットと4つのデメリット! 実際に9か月使ってみた感想を読んでみよう!