ボクらは自由な大学生を謳歌する

節約したお金でラーメンと読書にいそしむブログです/スポンサー募集してます

一人暮らしの節約料理に必須の具材「豆苗」の再生栽培・水耕栽培での育て方・おすすめレシピ

f:id:superwriter:20180304214405j:plain

こんにちは、おさるのこしかけです!

 

最近、葉物野菜の高騰が続いていて、なかなか緑の野菜を摂取できていない人も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回は、価格変動に強い「豆苗」についてご紹介します。

 

 

豆苗とは?

f:id:superwriter:20180304214442j:plain

豆苗(とうみょう、ドウミャオ)はエンドウの若菜。元々は大きく成長したエンドウの若い葉と茎を摘んだもので、中華料理の高級食材だったが、最近は主に豆から発芽させた幼い状態のエンドウが根付き、またはカットされて販売されている。

(豆苗 - Wikipedia)

豆苗は元々えんどう豆の若い部分ということですね。

 

豆苗の豊富な栄養価

豆苗は、実は非常に栄養価が高い食品です。

豆苗は、β-カロテンを100g当たり4700μgと豊富に含む。これはホウレンソウ100g当たりのβ-カロテン量4200μgの約1.119倍に相当する。その他にもビタミンEやビタミンK、葉酸やビタミンCも豊富で、β-カロテンを含めたこれらの栄養成分は一般的な緑色葉物野菜(ホウレンソウ、小松菜、春菊、ニラ)の含有量を上回る。(豆苗 - Wikipedia)

 

豆苗が節約につながる理由

豆苗が節約につながる理由は、自宅で簡単に再生栽培ができるからです。

 

豆苗を料理に使う時には、根の部分を残して、カットして使用します。

 

そして残った根の部分を水につけておくと、新しい芽が出てきて、再び収穫することができます。

 

また、豆苗は工場栽培されている野菜なので、気候変動による価格変動の影響を一切受けません。

 

そのため、豆苗は安定した価格で購入することができ、節約につながるのです。

 

豆苗の再生栽培・水耕栽培での育て方

豆苗を育てる方法は、非常に簡単です。

 

まずは豆苗のカットの仕方に気を付けましょう。

 

単純にカットするのではなく、茎にある新芽を残して、そこから上をカットするようにしましょう。

 
f:id:superwriter:20180304215050j:image

そうすると、再生栽培をする時に新しい芽が出てきます

 

次に根を水に浸しましょう

 

この時に、大きめのタッパーをプランターのようにして豆苗を入れると手入れが非常に楽です。

 

そして日光がよく当たる場所に置いておけば、一週間ほどで再収穫が可能になります。

 

豆苗の育て方の注意点

豆苗を育てる際には、3つの注意点があります。

 

1つ目は、根を水に浸しすぎないことです。


f:id:superwriter:20180304215115j:image

本来、土の中にある根は、すべて水に浸ってしまうと、呼吸ができなくなってしまいます。

 

呼吸ができないと、根は壊死し始めて、やがて腐ってしまいます。

 

いわゆる根腐れです。

 

豆苗が根腐れを起こすと、何度も再生収穫ができなくなってしまいます。

 

根は上半分ほどを残して水に浸すようにしましょう。

 

2つ目は、毎日水を入れ替えるということです。

 

水の入れ替えを怠ると、水の中で酸素が不足し、やがて根腐れを起こしてしまいます。

 

少なくとも一日一回、夏場は一日二回、水を入れ替えるようにしましょう。

 

朝晩二回水替えをすれば大丈夫です。

 

3つ目は、一回り大きめのタッパーで栽培することです。

 

豆苗は、他の植物同様に、成長するに伴って根が長く伸びていきます。

 

ぴったりの大きさのタッパーだと、根の成長を妨げたり、根が詰まって根腐れを起こしてしまうことがあります。

 

根が順調に成長することは、豆苗をたくさん収穫することに直結しているので、注意しましょう。

 

豆苗の再生栽培・水耕栽培での収穫目安


f:id:superwriter:20180304215133j:image

豆苗の収穫目安は、販売時と同じくらいの背丈になった時です。

 

それ以上成長してしまうと、茎自体が硬くなり、食べるには適さなくなってしまいます。

 

またそれよりも小さい時に収穫してしまうと、茎が細いままで、あまりおいしくありません。

 

だいたい15cmくらいが収穫時です。

 

豆苗の調理方法

豆苗を食べる時には、しっかりと加熱してから食べましょう。

 

再生栽培とはいえ、そのまま食べると危険な場合があります。

 

しっかり加熱して、ゆでてから食べましょう。

 

おすすめ節約豆苗レシピ


f:id:superwriter:20180304215141j:image

おすすめ節約豆苗レシピとして、今回は「豆苗の鶏ムネサラダ」をご紹介します。

 

【材料】

・豆苗1パック分

・鶏の胸肉300g

・しろだし:めんつゆ=2:1〈A〉

 

【作り方】

1.豆苗と一口サイズに切った胸肉を十分に加熱します。

2.お皿に盛ったら、上からAをかけます。

3.完成

 

非常に簡単で、栄養もたっぷりとることができます。

 

また鶏の胸肉も、豆苗も非常にヘルシーな食材なので、ダイエットやスポーツマンにもおすすめです。

 

お好みで塩コショウで味付けてもいいですし、しろだしとめんつゆの割合を変えてもおいしいです。

 

豆苗を正しく育てて、おいしく食べよう

f:id:superwriter:20180304215352j:plain

豆苗は安くて価格が安定していて、何度も収穫できて栄養価も高い万能な食材です。

 

しかし育て方を間違えると、根腐れを起こしてしっかり成長しないこともよくあります。

 

豆苗の正しい育て方を学んで、おいしく楽しく節約生活を送りましょう。

 

以上、おさるでした!!!

 

次は【生活費・月6万】一人暮らし大学生の最強節約法を読んでみよう!

次は貯金のための節約生活がうまくいく4つのコツを読んでみよう!

次は人生を豊かにする方法、支出は投資と消費の二つに分けるを読んでみよう!