ボクらは自由な大学生を謳歌する

現役筑波大学生がプロブロガーになるお話

〈上橋菜穂子インデックス〉『闇の守り人』あらすじ

上橋菜穂子ファンによる、『闇の守り人』のあらすじです。

ネタバレしない程度に、物語の内容を紹介しています。

 

『闇の守り人』あらすじ〈文庫本裏Ver.〉

女用心棒バルサは、25年ぶりに生まれ故郷に戻ってきた。おのれの人生のすべてを捨てて自分を守り育ててくれた、養父ジグロの汚名をそそぐために。短槍に刻まれた模様を頼りに、雪の峰々の底に広がる洞窟を抜けていく彼女を迎えたのは――。

 

バルサの帰郷は、山国の底に潜んでいた闇を目覚めさせる。壮大なスケールで語られる魂の物語。読む者の心を揺さぶるシリーズ第2弾。

 

『闇の守り人』あらすじ

前作『精霊の守り人』で、新ヨゴ皇国のチャグム皇太子の用心棒を務め終えたバルサが次に向かったのは、彼女の生まれ故郷「カンバル王国」でした。

 

25年前、カンバル王国の陰謀に巻き込まれたバルサは、わずか6歳の少女だったにも関わらず、カンバルを離れた逃亡生活を送ることになります。

 

その時、バルサを連れて逃げたのが、当時カンバル最強の武人であったジグロでした。

 

カンバルから逃げたバルサとジグロのことを、カンバル王国は追い続けましたが、すべてジグロの短槍によって打ち破られました。

 

やがてカンバル国王の死と共に、カンバルの陰謀も葬り去られましたが、逆賊ジグロの汚名は、今もなおカンバル国民の心に残ったままでした。

 

そんな中、31歳になり、女用心棒「短槍使いのバルサ」として成長した彼女は、ジグロや自分がなぜ逃亡生活をしなければならなかったのか、カンバルに隠された陰謀の正体は何なのかを探すことを決心します。

 

そして再び、25年前、ジグロに手を引かれて通った洞窟の前に立ったバルサ。

 

ここから『闇の守り人』は始まります。

 

身体についた傷は、時が経てば癒える。だが、心の底についた傷は、忘れようとすればするほど、深くなっていくものだ。それを癒す方法はただひとつ。――きちんと、その傷を見つめるしかない。

 

バルサ、冒頭、カンバルへの洞窟の前にて