ボクらは自由な大学生を謳歌する

節約したお金で読書にいそしむ月収4桁ライター/スポンサー募集してます

「クラウドソーシングは儲からない、だけど」3ヶ月仕事をしてみて感じた5つのこと

f:id:superwriter:20171224160329j:plain

こんにちは、おさるです。

 

ここしばらくブログの活動を休止していましたが、その間にボクはクラウドワークスでお仕事をしていました。

 

今回はフリーライターとして少しお仕事をした体験談をお話したいと思います。

 

クラウドソーシングは儲からない

f:id:superwriter:20171224160110j:plain

ボクは、まだライターのお仕事を始めて数か月しか経っていませんが、正直クラウドソーシングは儲からないと思いました。

 

クラウドソーシングには、「タスク」「コンペ」「プロジェクト」の三種類のお仕事がありますが、ライターは基本的に「タスク」か「プロジェクト」でお仕事をすることになります。

 

カンタンに説明すると、「タスク」は単発のお仕事で報酬が低め、「プロジェクト」は長期のお仕事で報酬が高め、というもの。

 

クラウドソーシングでお仕事をしていくなら、最終的にプロジェクトでお仕事をしていかないと、報酬が高くなりません。

 

しかし、何度もクラウドソーシングでお仕事をしている人は、プロジェクトでお仕事を探しても、大した原稿料にならないということが分かると思います。

 

提示されている金額は高くても、実際の文字単価は低いという場合が頻繁にあります。さらにそこからシステム手数料が引かれるので、実際に口座に振り込まれる報酬はそれほどのお金にはなりません。

 

インターネット上にある案件は、初心者向けとプロ向けしかない

f:id:superwriter:20171224160131j:plain

さらに、現在の問題として、インターネット上にある案件は、初心者向けのものと、プロ向けのものしかなく、その中間のレベルのものがありません。

 

つまり、文字単価が1.0円以下の案件と、3.5円以上のプロ向けの案件しかないということです。

 

そうすると、文字単価1.0円以下で頑張っているライターさんが、クラウドソーシングだけで文字単価3.5円以上のプロ向け案件を獲得できるようになるのは非常に難しいのです。

 

ライターとして生きるにはクラウドソーシングだけでは無理

f:id:superwriter:20171224160148j:plain

ボクが感じたのは、まさにこのことです。

 

ライターとして生きていくには、クラウドソーシングだけでは無理です。

もちろんいくつかの案件を高速でこなせば、食っていけるだけの報酬はもらえるかもしれませんが、実際にその生活を続けていくのはしんどい。

 

さらにその案件の報酬が、随時上がっていくかどうかはまた別の問題です。

 

そのため、ライターとして生きていくには、クラウドソーシング以外のブログやSNSでの活動を通して、他の収入源を生み出していくしかないのだなと、体感として感じました。

 

実際、月に何本書けばいくら稼げるのか?

f:id:superwriter:20171224160205j:plain

さて、問題となるのは、実際に月に何本書けばいくらの収入になるのでしょうか。

 

基本的な公式は、

 

(月の執筆本数)×(原稿の単価-システム手数料)=(収入)

 

となっています。

 

これを考えると、原稿の単価が高ければ高いほど、目標収入のために書かなくてはならない原稿本数が少なくなります。

 

仮に月収25万を目標にするとしましょう。

今のボクの原稿料は、1本1300円です。

システム手数料を引くと、1100円程度になります。

 

すると、

(月の執筆本数)=25万÷1100=227(本)

という答えが出ます。膨大な数ですね。

 

つまり、1.0円以下の文字単価で仕事をしているうちは、ライターとして生きていくなんて夢のまた夢だということでしょう。

 

しかし夢のある仕事だ

f:id:superwriter:20171224160224j:plain

それでもボクは、自分の文章でお仕事をしていきたいと思っているので、ライターという職業は、「夢のある仕事」だと思います。

 

自分の書いた文章が、自分の写真や、自分のペンネームと一緒にメディアに掲載されるというのは、とても嬉しいことです。また、自分の知識や経験に価値を見出してもらって、お金をいただけるということも、自分が認められたような感覚にもなります。

 

現状では、そこら辺のアルバイトと同じ程度しか稼げていませんが、今後はいろいろな方法を模索していきたいと思います。

 

また、クラウドソーシングで発注する皆さんには、文字単価1.0円~3.5円のあいだの案件を出していただければ嬉しいなと思います。そうすることで、今後ライター市場がさらに盛り上がりますし、新しい人材が成長しやすくなるとも思います。もちろん、ライター側のボクたちは、それに甘えずに努力する必要はありますがね。

 

今後のおさるのこしかけ/superwriterの生き方

f:id:superwriter:20171224160241j:plain

ボクの目標は、自分の文章で生きていくことです。

ブログであろうが、ライターであろうが、作家であろうが、編集であろうが、自分の文章でお金をもらって生きていくことが目標です。

 

そのため、ブログもやるし、ライターもやるし、いろんなことに手を出してしまうでしょう。元々飽きっぽい人間なので、たまに見るなと思ってもらえればうれしいです。

 

ということで久々の活動報告はおわりっ!!

 

(2018/03/31追記)

フリーライターでも意外と稼げます。

駆け出しフリーライターの稼ぎ方・簡単なステップアップ方法の記事にて詳しく書いています。 

 

次は駆け出しフリーランスが陥る「出勤のワナ」と出勤の注意点3つを読んでみよう!

次は「BroadWiMAX」がおすすめの4つの理由・業界最安価・通信制限なしのポケットWi-Fiを読んでみよう!

次はアクセス数が3倍になる~本格レビュー記事の教科書~を読んでみよう!