ボクらは自由な大学生を謳歌する

節約したお金でラーメンと読書にいそしむブログです/スポンサー募集してます

はあちゅう『半径5メートルの野望』の要約・レビュー/輝いて生きるために

『半径5メートルの野望』。

 

プロブロガー・作家・コラムニストなど、様々な肩書を持って活躍する「はあちゅう」さんの大ヒット作。

 

どこにでもいる女子大生だった彼女が、どうやってここまで成長してきたのか?

 

彼女が大切にしてきたことは何か、を伝える一冊。

 

半径5メートルをすり合わせる

隣 の 人 の 半 径 5 メ ー ト ル自 分 の 半 径 5 メ ー ト ル融 合 さ せ て い く こ と で 、自 分 の 行 動 範 囲 ・ 興 味 分 野 、つ ま り 自 分 の 「 世 界 」 を ど ん ど ん 広 げ て い く こ と が で き る。

自分の身の回りの、半径5メートルの間のことに集中する。

 

それがはあちゅうさんの生き方。

 

結果というのは、努力を積み重ねた後に来る、むしろ忘れたころにご褒美としてやってくる。

 

だからずっと先のことを見据えて生きるよりも、今の自分にできることに集中する。

 

それが彼女の仕事術なのです。

日々新しい出会いを求める

会 っ て い る 人 が 日 々 変 わ る の は 、人 生 が 変 化 し て い る 証 拠 で 、逆 に ず っ と 同 じ 人 と ば か り 会 っ て い る な ら、新 し い 出 会 い を 意 識 し た ほ う が い い か も し れ ま せ ん 。

自分にとって居心地のいい空間というのは、気が付くといつも同じ人間であることが多い。

 

でもさらに高みに行くには、新しい人と関わることが必須。

 

知らない人と関わるのは、なかなかしんどいし、苦しい。

 

でもその苦しさが自分の成長のあかしなのです。

自分の夢に向き合う勇気を持つ

努 力 を し な い 人 は 、自 分 の 夢 に 向 き 合 う 勇 気 が な い だ け で す 。

 

そ う い う 人 は 、 自 由 だ っ た ら 怖 く て 何 も や ら な い し 、制 限 が あ っ た ら そ れ を 言 い 訳 に し て 、結 局 何 も や ら な い の で す 。

「時間がない」とか、「お金がない」とか、努力をしない理由は実はどうでもいい。

 

そういう人はただ自分の夢と向き合う勇気がないのです。

 

結果は本人の言い訳とは関係ない。

 

ただその人の努力でしか結果は出ないのです。

キラキラして生きたい

成 功 し て い る か ら キ ラ キ ラ し て い る の で は な く 、頑 張 り 続 け て い る か ら キ ラ キ ラ し て 見 え る

 はあちゅうさんの努力のエネルギー源は何なのか?

 

それは「キラキラしたい」、これに尽きるのです。

 

どうやったらキラキラした人になれるんだろうか。

 

その答えは、頑張ること。

 

頑張っている人は美しい。

 

頑張っている人はカッコいい。

 

だからこそはあちゅうさんは、キラキラするために頑張り続けるのです。

次は『フランス人は10着しか服を持たない』がベストセラーになった3つの理由を読んでみよう!

次は『ラクして得するフランス人 まじめで損する日本人』を読むと、もうコンビニには行けなくなるを読んでみよう!

次は大人向けおすすめの面白い恋愛小説17選! 読書初心者にもおすすめを読んでみよう!