ボクらは自由な大学生を謳歌する

現役筑波大学生がプロブロガーになるお話

follow us in feedly

【つくば市 ラーメン】オリジナルの炙り味噌を食らえ! 「真武咲弥」!

つくば駅をすこし南に、商業地区を抜けると、

 

二宮や松代の住宅街が現れる。

 

そのちょうど入り口にあたる境目に、

 

今回訪れたラーメン屋「真武咲弥」はある。

 

f:id:superwriter:20171008212623j:plain

店頭にもあるように、真武咲弥は、

 

炙り味噌ラーメンの専門店だ。

 

濃厚なミソスープの上に乗っているのは、

 

じっくりと炙った野菜やチャーシュー。

 

それが炙り味噌ラーメンの特徴だ。

 

さて、その真髄をしかとご覧いただこう。

 

トイレがきれいなお店は、必ずおいしい

f:id:superwriter:20171008212621j:plain

店内に入ると、まず目に入るのは正面にずらりと並んだ看板だ。

 

しかもそのすべてが「炙り味噌」。

 

おそらくこの看板は当店オリジナルのものであろう。

 

カウンターは約8席、テーブルは4席×5ほど。

 

とりあえず今回は「炙り味噌ラーメン(788円)」を注文。

 

そして返す刀でトイレに向かった。

 

ボクはラーメン屋に行くと、必ずトイレに行くと決めている。

 

なぜなら、トイレが汚いお店に、おいしいところはないからだ。

 

そしておどろいた、やはりここも非常にきれいだったのだ。

 

ひとつ安心をしてカウンターに戻ると、さらに目についたのは、

 

女性用のヘアゴムだ。

 

ひとつひとつ小さな袋に入っている。

 

ふと思いつき後ろを振り向くと、席を待つお客様のための掛布団まであった。

 

やはりこうした細部までこだわれる、

 

お客様の立場に立てるお店は本当においしい。

実食

f:id:superwriter:20171008212620j:plain

さて来たのがこちら。

 

ちなみにトッピングのしょうがは、二倍、三倍、五倍から選べる。

 

写真は二倍だ。

 

もっと近くで見てみよう。

f:id:superwriter:20171008212628j:plain

非常にシンプルだ。

 

炙り味噌ラーメンでよくある失敗は、野菜炒めの具を多様にしすぎること。

 

味が混ざって雑になってしまうのが残念だ。

 

しかし、真武咲弥はそこを軽々と乗り越える。

 

さてスープを一口。

 

まず気が付いたのは、舌触りのよさだ。

 

少し濃いのはもちろん、だがしつこくない。

 

かなり良い舌触りだ。

 

続けて麺をいただこう。

 

すくってみると分かる、おそらく自家製のちぢれ麺だ。

 

いわゆるサッポロ味噌ラーメンに代表される、

 

味噌ラーメンのちぢれ麺。

 

これが非常においしい!

 

正直おどろいた。

 

味噌ラーメンが少ないつくば市において、

 

こんなに味噌ラーメンがおいしいところは他にあまりない。

 

硬さは若干のやわめ、しかしモチモチよりではなく、つるつるが特徴だ。

 

最後スープまで一気に飲み干してしまう勢いのあるラーメンだった。

 

毎月1000円の商品券が当たる!!

 

実は真武咲弥のお得な情報がある。

 

それが、お店のアンケートに答えると、

 

毎月回答者の中から1000円分の商品券が当たるのだ。

 

もちろんボクは書いた。

 

さらにボクが来店したときは誰も回答していなかった。

 

おそらく当選確率は非常に高いはず。

 

さあ、皆さんもぜひ行ってみよう。

 

真武咲弥の基本情報

場所

・茨城県つくば市千現1-23-7 青葉ビル 1F

定休日

・年中無休

営業時間

・11:00~24:00

駐車場

・7台ほど(二宮公園にも駐車可能)

同じく味噌ラーメンの記事はこちら

【つくば ラーメン】麺や小五郎で「良質海老味噌ラーメン」を味わう!!!

【仙台 ラーメン】五橋「恵比蔵」の赤ネギみそがマイルド、やみつき!!