ボクらは自由な大学生を謳歌する

節約したお金で読書にいそしむ月収4桁ライター/スポンサー募集してます

【生活費・月6万】一人暮らし大学生の最強節約法

f:id:superwriter:20170907113727p:plain

(2018/11/24更新)

こんにちは、おさるです。

 

今回は、一人暮らし・大学生向けの「究極の節約法」をご紹介します。

 

 

まずはおさるの現状の説明、節約を極めようと思った動機から見ていきましょう。

 

「そんなんどうでもいい!」「ノウハウだけ教えろ!」という方は、目次から読みたい部分に飛んでください。

 

 

現在のおさるの経済状況

・月収:奨学金48000+バイト代32000=80000円

→年収96万

 

ちなみに現在おさるは週5で部活をしているため、バイトできる日は週2日しかありません。

 

・年間の部活への出費30万

 

遠征費・交通費・道具費などなど、年間で30万の出費があります。

しかしここは自分のやりたいことなので、削るつもりはまったくありません。

 

・仕送り:家賃代のみ。それ以外はナシ

 

結果:自由に使えるお金は、年間66万→月60000円前後

一人暮らし大学生は、節約の目的を決めよう

自動車免許取得費「30万円」を貯める!

 

世間では自動車免許を取るためのお金は親から支給されるようですが、我が家はそうではなく、自分のやりたいことには自分でお金を出す主義。

 

ということでなんとかお金を創出することがボクの目的です。

おさるの節約テーマ

インターネット上には様々な節約法が紹介されていますが、実はそれらには共通の欠点があります。

 

それは、月15万以上の収入を前提としていることです。

 

他の節約サイトでは、無駄遣いを省くこと、副業をすること、それによって生まれたお金を運用すること。

 

この三つの枠組みしかないのです。

 

ボクのように、月収も、追加で働く時間もない、そんな人に向けた節約記事はなかったのです。

 

ということでボクはそうした層に向けた節約記事を書きます。

 

そのためにボクが編み出した節約のテーマは

 

「お金を使わずに生きる」

 

ということ。

節約法1「ムダを省く」

お金を使わずに生きるための前段階として、まずはムダを省かなくてはなりません。

 

ある程度ムダを省いた先にあるのが、お金を使わない生き方になるのです。

 

ということで、ボクが実行しているムダの省き方をご紹介します。

 

固定費を節約する!

節約法の中で最も効果的な方法が「固定費」の節約です。

 

固定費の節約がなぜ効果的なのかというと、「カンタン」「大きな金額を節約」できるからです。

 

家賃や保険料など、たくさんの固定費を見直すことで年間数万円の節約が期待できますよ。

 

 

コンビニ・自販機は絶対に使わない!

ただ、そう決めただけでは意味がないんです。

 

必要なのは、あなたがなぜコンビニ・自販機を使ってしまうのか?

 

それを明らかにすることです。

 

ボクの場合は

・飲み物を買う。

・小腹が空いたときに間食を買う。

 

これがコンビニ・自販機を使う理由でした。

 

なので事前に飲み物や間食を持ってくるようにしました。

 

 

外食はしない!

こう決めてから、お昼の食堂も、夜のラーメンも辞めました。

 

しかし、完全に辞めるのは難しいです。

 

そんなときは、外食する条件を決めましょう

 

おさるの条件は以下です。

 

1.人に会う時。

2.本当においしいお店に取材に行く時。

 

これ以外はすべて自炊で賄うようにしました。

 

ボクの自炊の基本は作り置きレシピ本『つくおき』です

 

これを徹底することで、僕の食費は毎月1万円になりました。

 

 

飲料代は、スポーツドリンクと麦茶のみ

麦茶は最強の節約飲料です。

198円のパックで54リットルの麦茶が作れます。

 

スポーツドリンクは部活の関係上。

ジュースなんて飲まなくても生きていけます。

通信費は「WiMAX」と「格安SIM」で!

ボクは家にネット回線を引かずに、全て「BroadWiMAX 」でネットを利用しています。

 

それは情報収集や娯楽でネットを使う、いつでもどこでも使う。

 

場所や利用制限にとらわれないネット環境を格安で手に入れる必要があったのです。

 

 

BroadWiMAXに申し込むには ↓ こちら ↓ から

 

携帯電話を格安SIMに乗り換えることも、効果的な通信費節約方法ですよ!

 

大手キャリア(docomo/au/softbank)から乗り換えるだけで、毎月5000円以上節約できます!

 

おすすめはLINEモバイルです!

 

 

今すぐLINEモバイルを申し込むには、↓ こちら ↓ から

 

また、おさるからLINEモバイル招待URLをもらうと、登録事務手数料3240円が無料になります!

 

招待URLが欲しい方は、Twitter→@super_writer_toにDMしてみましょう!

 

 

家計簿管理はマネーフォワード

家計簿は必ずつけましょう。

自分の資産を数値として「見える化」しておくことが必要です。

 

これは

・モチベーションになる

・フィードバックができる

・自動化ができる

ということが理由です。

 

マネーフォワードは、キャッシュレス化してしまえば、すべて自動で家計簿を記録、分類、管理が可能です。

 

 

現金は持たない。キャッシュレス化

ボクは基本的に現金を所持しません。

 

全て電子マネー・デビットカードです。

 

その目的は

・家計簿管理が自動化

・ポイントが貯まる

・支出のブラックボックスを作らない

 

基本的に現金にはムダしかありません。

 

日本人は世界的にも遅れていることはまだ現金で消耗してるの? 現金信仰者が絶対にできない3つのことを読むと分かります。

 

現金を持つ事には、何のメリットもないので、今すぐキャッシュレス化しましょう。

 

 

節約法2「お金を使わずにモノを手に入れる」

これが今回のメインです。

 

現代では、お金を使えばある程度のモノが手に入ります。

 

しかし、お店で示される価格は、実際のモノの価値以上の価格になっています。

 

その理由は、価格には「人件費」「店舗の利益」「生産・流通過程のコスト」、すなわち「中間マージン」が必ず含まれているからです。

 

そこで逆転の発想です。

 

こうした「中間マージン」にお金を払わずに、モノを手に入れればいいのです。

 

そのためには、「モノをもらう」「交換する」「自分で作る」といったことが必要になります。

 

一番重要なこと「モノをもらう代わりに価値を提供する」

お金を介さずに、何かをもらうならば、くれた人に対して何かしらの価値を提供しなければなりません。

 

そうじゃないと、持続的な経済圏を保つことができません。

 

あくまでもGIVE&TAKEの関係でなくてはなりません。

 

食費は「経済圏」を作ってタダで手に入れる

経済圏というのは単に「お金」にまつわることではありません。

 

つまりは「何か食材をもらえる」仕組みを作ってしまうことです。

 

例えば、簡単な例をあげましょう。

 

両親から米や冷凍食品などを送ってもらうこと。

 

これも一つの経済圏。

 

農家のお手伝い活動を積極的に行って、お昼をごちそうになるとか、余った野菜をもらうとか。

 

賄いがもらえるバイトをするとか。

 

 

自分が、お金以外でGIVEできることを使って、食材をもらう仕組みを作ればよいのです。

 

テレビは持たない

テレビとは、貧乏大学生からしたら非常に高価なものです。

なかなか買えません。

(うわさによると、普通の学生は支給されるようですが)

 

だからボクは、むしろテレビを持ちません。

でもそれでも事足りています。

 

ボクは代わりに

・Amazonプライムビデオ

・AbemaTV

この二つを利用しています。

 

Amazonプライムに関しては【2018年版】Amazonプライム会員がお得!特典・メリット・デメリットを分かりやすく紹介! - 今日はヒトデ祭りだぞ!が詳しいです。

 

学生なら年会費1900円で利用可能です。

 

ポイントを活用して支払い!!

ボクは基本的にキャッシュレス化してるので、ほぼすべての支払いにポイントが付きます。

 

具体的に言えば、月に50000円使って、還元率が1%ならば、毎月500円分のポイントが得られるわけです。

 

一番のおすすめは、LINEペイ!!

 

還元率は2%!(2018/05末に終了)

 

JCB対応プリペイドカードなので他の電子マネーよりも使える場所が多い!

 

以下ボクの利用するポイントサービスをご紹介。

・LINEポイント

・dポイント

Ponta(ポンタ)ポイントのおすすめお得な貯め方/使い方

・nanaco

・Tポイント

・楽天スーパーポイント

ポイントサイト「モッピー」で一気に数万円稼ぐコツ~完全版~

【ポイントサイト・げん玉】スキマ時間の副業で一気に10万円稼ぐコツ

 

 

節約法3「循環性の高い生活を送る」

貧乏な人は、間違いなく不要なモノに囲まれています。

 

何が必要かどうかを判断する力が低いのです。

 

そこでボクが勧めるのは、循環性の高い生活です。

 

本当に必要なモノだけを使い、要らないモノはすぐに手放す。

 

そうして循環性の高い生活を送ることが節約につながります。

 

以下その方法をご紹介します。

 

メルカリで不要品を売る

基本的にボクは本をたくさん読むので、読み終わった本はメルカリで出品します。

そうすることでお金になりますし、モノも処分できる。

 

そうすれば自分の身の回りには本当に必要なモノしか残りません。

 

意外とこれはお金になるんですよ。

 

ボクは3ヶ月で2万円以上稼ぎました。

 

食材を買いに行くのは、家に食べるものがなくなった時

これがなかなか使える節約法です。

 

買ったはいいけど賞味期限が過ぎてしまったものってたくさんありますよね。

 

これを完全に防ぐ方法です。

 

これを守れば、そもそも買い物にすら行かなくなります。

 

さらに余計なものがなくなるので、冷蔵庫やキッチン周りがとてもきれいになります。

 

どんどん消費していくので、常にムダが省かれていくのです。

 

節約法4「節約術を実行するためのコツ」

ボクは本当にたくさんの節約記事を読んできましたが、それを知って、実行するまでがかなり大変。

 

さらに継続するのはもっと大変。

 

だからボクは節約術を実行するためのコツをご紹介します。

 

お金の勉強を欠かさない

これが最も大切です。

 

勉強をやめた瞬間に次のステージはなくなります。

 

日々新しいポイントサービスや電子マネー、資産運用方法などが更新されています。

 

だからこそお金の勉強だけは続けていかなくてはなりません。

 

ボクは基本的に節約ブログ「ノマド的節約術」 - 無収入生活から節約して普通の暮らしへの過程を綴った節約貯金ブログさんを利用してます。

 

 

生活リズムを整える

なぜ無駄遣いをしてしまうのか?

なぜ節約が続かないのか?

 

その原因は、生活リズムの乱れが主な要因です。

 

生活に余裕がないと、めんどくさい節約をする気がなくなりますよね。

 

自炊しなきゃとは思ってても、サボってコンビニやファストフードに行ってしまいますよね。

 

それをなくすためには、生活リズムを整えて、節約術を実行する余裕を持つことが重要。

 

 

部屋をきれいにする

この目的は、家事の動線を確保することです。

 

生活リズムを整えることと似ていますね。

 

つまりは節約術を実行するための、空間的余裕を作るということですね。

 

熱中できることを見つける

これは実はわりかし重要なのです。

なぜボクらが貧乏で悩むのか?

 

それは貧乏が気になるくらいヒマだからです。

 

ならば貧乏を気にするヒマがないくらい熱中できることを見つければよいのです。

 

そうすれば楽しく節約術を実行できるのです。

 

まとめ

かなり長くなりましたが、今回の記事を書いた目的は、本当に収入が低い人のための、お金創出方法を書くことなのです。

 

ボクのやり方を見て、実際に実行してくれる人がいればボクは幸いです。

 

また、節約を極めた後は、副業で収入を増やすこともおすすめです。

 

 

以上、おさるでした!!!