ボクらは自由な大学生を謳歌する

現役筑波大学生がプロブロガーになるお話

follow us in feedly

向上心のない不勉強なオトナに、ボクら若者が搾取される哀しい日本社会

f:id:superwriter:20170726211127p:plain

こんにちは、おさるです。

 

最近非常に強く思うことをひたすら書いていこうと思います。

 

75%のオトナは向上心もなく、不勉強である

 先日、「日本の全社員の7割がやる気なし」という調査結果が話題になりました。

勤勉でまじめなイメージが海外にも浸透している日本。

しかしその実態はほとんどがやる気なしという現状。

日本の生産性はどんどん下がっています。

 

ではその尻拭いをしているのは誰なのでしょうか?

 

それは熱意のあるたった6%の人たちです

彼らが情熱をもって仕事しているからこそ、日本の経済は何とか踏ん張っているのです。

 

しかし今後の社会はそのままでは成り立たないのです。

AI・ロボットの進化で、75%の人は失業する

これも近年言われているかなり実現性の高い予想。

 

現在の社会で、不勉強なオトナが大量にいるのにも関わらず、経済が何とか成り立っている理由は、まだ単純作業がたくさん残っているからなのです。

つまり頭を使わず、向上心を持って勉強しなくとも死ぬまでできる仕事がまだまだあるからなのです。

 

しかし急速なAI・ロボットの技術が進化する現代、彼らの仕事はすべて失われます。

失業者激増、少子高齢化によってボクら若者は搾取される

こうして失業者が激増すると、必然的に社会保障制度の充実が求められます。

さらに少子高齢化が進むことで、支えなくてはならない人たちの絶対量が増加します。

 

ではそれを支えるのは誰か、それはボクら若者世代なのです。

20年後、30年後に実際に社会保障を支えるのはボクらの世代。

なぜ未来ある若者たちが、不勉強なオトナたちを支えるために搾取されなくてはならないのか、非常におかしい話です。

若者をオトナから解放するにはベーシックインカムしかない

そこで必要になってくるのは、大規模セーフティーネット「ベーシックインカム」です。

この導入によって、ボクら若者世代は生き残れる。

できる限り早くベーシックインカム制度を実現させて、オトナたちに勉強する余裕を与えなくてはならないのです。

 

ベーシックインカム導入については下記の記事をご覧ください。

www.superwriter.net