ボクらは自由な大学生を謳歌する

現役筑波大学生がプロブロガーになるお話

follow us in feedly

【土浦 ラーメン】土浦市ランキングトップの名店『麺屋亀城』にて完成された家系を食らう!!

こんにちは、おさるです!

本日は、土浦市の人気ラーメン店「麺屋亀城(キジョウ)」に行ってきました!!

 

亀城は土浦市のラーメン店ランキングでは常に上位に登場する名店。

ちなみに亀城とは、数々の水害に堪えてきた土浦城の異名から来ています。

さて麺屋亀城は、土浦駅からすぐのところで、深夜まで営業しているので、飲み会の締めに利用されることも多いようです。

 

こちらのシックなデザインが非常に目につきます。入り口です。

f:id:superwriter:20170718215455j:plain

お店の前には看板が。

メニューがすでに載っているのです。

入店前からお客さんにメニューを提供するというのは、成功するラーメン店すべてに共通する重要な要素。

混雑時の回転率上昇のみならず、通りがかった見込み客を引き寄せる効果もあります。むしろこっちの方が重要。

f:id:superwriter:20170718215509j:plain

f:id:superwriter:20170718215514j:plain

こちら特別メニューです。

 

ということでボクは、個人的にインパクトが一番強いなと感じた「特製とんこつ醤油:830円」を注文。

100円増で大盛にできます。もちろん大盛。

 

第一の味わい、観食!!!

f:id:superwriter:20170718215519j:plain

こちら「特製とんこつ醤油、大盛」です。

トッピングはラーメンにしては大きめの板海苔、1センチ以上もある分厚いチャーシューが3枚、ほうれん草、刻みネギ、味玉。

こちらのとんこつ醤油は、亀城独自に開発した家系ラーメンとのこと。

続いてアップで見てみましょう。

f:id:superwriter:20170718215528j:plain

こう見るとかなりトッピングが充実していることが分かります。

ネギとほうれん草は3センチほどの高さ。もりもりじゃ。

家系ということでスープはかなり油ギッシュですね。

濃厚な味わいが期待できます。

第二の味わい、実食っっっ!!!

f:id:superwriter:20170718215524j:plain

麺は家系ならではの、若干ちじれた、やや太麺。

感触はもちもち感が強いですね。

 

スープはかなり濃厚で、麺にものすごく絡んできます。

あまりにも絡みすぎて完食後、スープが器の5分の1ほどしか残らないくらい。

見た目からはかなり油が強烈なのかと予想していましたが、実際はそんなことはなく家系にしてはマイルドタイプ。

かなりスープをこしているのか、舌触りが普通のスープよりも滑らかなでした。

 

そしてお待ちかねチャーシュー!

意外にも味が濃すぎない、ナチュラルチャーシューです。

スープの味を邪魔しないような味付けにしているのでしょう。

非常によく考えられています。

 

そして味玉。

味玉は、食べただけでそのお店のラーメンへのこだわりが分かるほどのキーアイテムです。

亀城の味玉は、たまごの味をそのままに活かした薄めの味付け。

やはりスープを邪魔しない、けれども味に変化をつけるキーポイントになっています。

総括!!!

家系としてはかなり完成された一杯でした。

あくが強すぎないので、お昼にさっと食べるのも良し、夜にしっかり味わうのも良しの優秀な味わい。

特に追加で調味料を使う必要もないくらいの、考え抜かれた味わい。

土浦市で人気トップの理由がはっきりと分かります。

 

亀城の情報

アクセス

・土浦駅より徒歩3分。シックな黒い壁に、白い文字が目印

営業時間

・月~木 11:30~14:30

     17:30~22:00

・金、土 11:30~14:30

     17:30~24:00

・日曜定休

座席

・カウンター6席+2席、対面カウンター4席×2

 

以上、おさるでした!!!