ボクらは自由な大学生を謳歌する

現役筑波大学生がプロブロガーになるお話

follow us in feedly

【書評】『サムスン式仕事の流儀~5年で一流社員になる』おすすめポイントを紹介

こんにちは、おさるです。

 

今回は、『サムスン式仕事の流儀~5年で一流社員になる』という本をご紹介します。

 

なぜ、サムスンの社員はズバ抜けて仕事ができるのか?

この言葉は本書の帯のアオリに書かれているもの。

正直この時点でかなり惹かれる方も多いことでしょう。

それもそのはず、サムスンと言えば電子、機械、金融、建設など様々な分野で幅広い仕事を行う世界的な超巨大企業です。

 

そこの社員がなぜ仕事ができるのか、そしてそうした有能な社員を育てる方法とは?

それが本書のメインテーマですね。

それを実在の社員たちの実体験をもとに解説していくというもの。

ビジネス書でありながら、社員たちの物語でもあり非常に楽しみながら学べます。

 

サムスンでの5年間を、5つの章で追体験

本書では、サムスン社が新人社員を育てる5年間で学ばせることを、読者に追体験させる形式をとっています。

 

たとえば第1章1年目のテーマは「基本で圧倒しろ」。

章内にはさらに細かくテーマが分かれており、

「業務の証拠を残すことを忘れるな」

「個人イメージが企業イメージを左右する」

「残業に対する立場と行動を決定せよ」

の3つがあります。

これらはすべてサムスンの新入社員が1年目で学ぶことであり、優秀な社員に育つために必要不可欠な事柄だとされています。

 

そして

第2章2年目「誰にも文句を言わせない強力な仕事力」

第3章3年目「完璧主義と勝利へのあくなきこだわり」

第4章4年目「すべては関係によって完成する」

第5章5年目「バージョンアップで自分だけの成功神話を」

とつながっていきます。

 

各章ごとにそれぞれパワーワードがちりばめられており、しかもそのそれぞれが仕事の基本の基本に基づいているというのが、超一流の会社らしいところです。

 

最後に総括

本書は300ページ弱のビジネス書としては少し厚めの本ではありますが、章立てがしっかりしているので、隙間時間に少しづつ読んでも十分な一冊でしょう。

本当に大切なことばかりが書いてあるので、企業に勤める人だけでなく、たくさんの職種の人に読んでほしいです。

もちろんブロガーにも当てはまることはたくさんあります。

なぜこんなにも幅広い職種の人にとって有用になり得るかといえば、サムスンが仕事のテクニックではなく、仕事の基本を何よりも大切にしているからでしょう。

あなたのスキルアップに確実に貢献する一冊になることを、ボクが保証します。

 

購入はこちらから。