ボクらは自由な大学生を謳歌する

現役筑波大学生がプロブロガーになるお話

地方に注目が集まる今こそ、日本の基層文化を取り戻せ!

 

日本人は自分の国の生活文化についてなにか否定的な感情を持っているなと感じることが多々あります。

 

文化と言ってもいわゆる一般的なものではなく、「基層文化」と呼ばれるものです。

基層文化って聞きなれない言葉ですよね。実はこれは文化人類学、民俗学、文化学などで用いられる言葉です。

 

意味は人々の生活の奥底に根付いた文化という意味。

日本にはせっかく美しく、循環的な基層文化があるのに、街を歩けばアスファルトでコーティングされた上に街路樹が並ぶばかり。

 

もっと根本的なところから日本の基層文化、良き文化を思い出してみましょうよ。

全て昔に戻す必要はないのですから、根本だけ。後は現代技術が支えてくれます。

 

近年は地方創生の動きが出てきたこともあり、日本社会全体でも、これまで目を背けてきたことに再び注目する動きが起こり始めました。

 

移住がキーワードになっている節もありますが、ボクはそれよりも地域開発に重点を置いてほしいです。

 

単純に地方が、それぞれに合った形で発展したらとても面白いと思います。

 

将来的には、日本の中に半ば自治国家のように、政治・経済を回す地域がいくつもできるでしょう。

その未来はわりと近そうですね。

ボクは地元仙台を応援していますよ。

 

地方で起業したい人にはこちらの本を一読することをおすすめします。

 

 ただ単に地方で仕事をするための本ではなく、地域で求められている技術、都会で身につけたことが活きる働き方、地域の現状、地域への入り方など、非常に現実的に書かれているので、非常に役立ちます。

 

以上、おさるでした!!!