ボクらは自由な大学生を謳歌する

現役筑波大学生がプロブロガーになるお話

follow us in feedly

社会に出るために、自分の何が語れるのか

 

こんにちは、おさるです。

 

最近感じることですが、本当に学びたい人にとって、大学っているのかなということ。

 

正直日本の大学って、入学したときに入った学部で4年間すごすわけじゃないですか。

 

これってすごく不便なんじゃないかなって思うんですよね。

 

もっともっと学部間の垣根をなくしてほしい。

 

誰もがそうとは限らないけど、入学当初にやりたかったことと、卒業するときに学んでいることが一致している人なんてなかなかいないと思う。

 

4年もあれば、誰だってやりたいことは変わるだろう。

 

でも日本の大学にはそれにこたえる制度が整っていないと思う。

 

そうなったときに、ボクらはどうしていけばいいのか。

 

結局は自分で自ら学ぶということになるよね。

 

その時その時、やりたいことについて調べていけばいい。

 

幸い今の時代はネットでたいていのことは調べられる。

 

専門的なことになれば図書館に行けば大体あるよね。

 

正直間違いなく自分で学んだことの方が、圧倒的に記憶に残りやすいし、何より自分のモノになる。

 

それこそが知識であり、能力であるとボクは思ってる。

 

それから最近ボクが考えるもう一つのこと。

 

社会に出るときに何を語ればいいんだろう。

 

一番は就活。

 

まだ就活するかどうかも決まってはいないけれども、いざ企業に自分を売り出すときに、何を語ればいいんだろう。

 

サークル? 勉強? ボランティア?

 

大切なのはやったことじゃない。そこで自分が何を手に入れたのか。

 

結局はセルフブランディングなんだという結論に至ったんですよね。

 

自分の価値を高めていくことが、自分の話のネタになる。

 

ということなので、あと3年間頑張って自分の価値を高めていきますよ。

 

あわよくば、ブログで食っていけるといいね!