ボクらは自由な大学生を謳歌する

現役筑波大学生がプロブロガーになるお話

【レビュー】話題の啓発本、堀江貴文『人生を変える言葉』に触れる

こんにちは、おさるです。

 

今回は堀江貴文さんの話題の本、『人生を変える言葉』を読んで考えることがたくさんあったのでご紹介します。

 

 

堀江貴文 人生を変える言葉

 

最近コンビニや書店でよく見る本ですね。

 

ボク自身もコンビニで手にとりました。

 

< どんな本? >

この本は、今まで堀江貴文さんが色んな場でしてきた発言や記述をまとめた本です。

 

それを『走る』、『貫く』、『生きる』、『思考する』、『稼ぐ』、『つながる』、『学ぶ』、『見通す』の全八章に分けて紹介していきます。

 

例を挙げれば、「誰もやらないから私がやる」や、「できない理由を先に考えるな」など、彼のワンフレーズをとりあげ、その言葉の真意だったり、背景を語っていきます。

 

 

< なぜこの本が話題なのか? >

ここが大きな問題なわけです。

 

なぜこんなにもこの本が話題になっているのでしょうか。

 

その理由はただ一つ、社会が、特に若い世代が、堀江貴文という人間に注目しているからにほかなりません。

 

某事件によって投獄された堀江貴文さんでしたが、出所後も変わらず革新的な仕事をどんどんこなしていく、そんな時代の最先端を走り続け、さらに自由であることを選ぶ、そうした姿が、若者たちの目に留まらないはずがありませんよね。

 

特に今は有名大学を出ようが、大手企業に就職しようが、果たしてその先どうなるのかわからない社会です。

 

戦後の年功賃金、終身雇用形態が完全に破滅を迎えた時代だと言えます。

 

と言っても新卒の学生はみんな就職するじゃないかと、年配の人たちは言うかもしれませんね。

 

そうだとしても、それは新卒就職しか知らないだけなんです。

 

ボクら大学生の年代はみんなわかると思いますが、このまま大学を出て就職することに不安というか、むしろ恐怖を憶える人が多いのです。

 

みんなこのままでいいのだろうかという不安を背負っていても、どうすることもできず就職していくのです。

 

そんななか、堀江貴文という存在はとてもキラキラして見えるものです。

 

< 誰に読んでほしいか >

ボクとしては、自分の力でお金を稼ぎたいと思う人にはぜひとも読んでほしいです。

 

別段お金の稼ぎ方が書いてあるわけではありませんが、自立してやっていくのに必要な考え方がしっかりと書かれています。

 

それから、現状に疑問を抱いている人にも読んでほしいです。

 

今の働き方で本当に良いのだろうか、そう悩むならとりあえず手に取ってみましょう。

 

少しでも考え方がまとまれば一歩が出せます。

 

そして何よりもこれから社会に出る学生に読んでほしいです。

 

ボクとしては企業に就職することを悪く言いたいわけではありません。

 

実際に企業で社員として働く人材は絶対に必要です。

 

しかし、自分のやりたいことが明確にある人、マネジメントしたいことがある人が無理に就職する必要は全くないということは、声を大にして言いたいのです。

 

そういう人材には、これからの社会を作り、支える可能性が間違いなくあります。

 

だからこそ読んでほしいのです。

 

それでは、購入はこちらからよろしくおねがいします。

 

堀江貴文人生を変える言葉 [ 堀江貴文 ]

価格:993円
(2017/2/1 22:19時点)
感想(1件)