読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボクは自由な大学生を謳歌する

現役筑波大学生がプロブロガーになるお話

スマホは時間のムダというより、機会のムダなんだ

f:id:superwriter:20161218110851j:plain

こんにちは、不眠症対策をしている間に気が付けばアンチスマホという考えをとるようになりました笑。

確かに実際スマホは便利ではありますけれども、よくよく考えてみるとメリットよりもデメリットの方が多い気がします。

ということで今回はその理由をご紹介しましょう。

 

1.スマホは時間の無駄!!!

結論から先に述べましょう。スマホは時間の無駄です。

総論的に言うと、かなり貴重な時間を削ってしまう、それがスマホなわけです。

冷静に自分の一日を思い返してみましょう。

例えば朝通学や通勤の電車の中でスマホをいじる。

ニュースを読むならまだしも、くだらない無料ゲームに時間を費やす。果てには課金までしだす。

もしくは待ち合わせに早く来てしまったとき、あなたはすぐにスマホをいじるでしょう。

本当にひどいのは学生諸君。

授業中は平気でスマホをいじるし、勉強も集中力がもたない。30分もしないうちに開くのはLINE、TwitterInstagram

さらには夜遅くまで友達とトークやゲームをする。

はっきり言って中毒です。

タバコやお酒の比じゃない。

だって今や電車に乗れば、そこにいる人々の9割が間違いなくスマホをいじっている時代です。

その時間に何ができるのか、自分の生産性を上げるために何ができるのかをよく考えた方がいい。

そもそも何も考えずに周りに合わせて同じことをやる人が多すぎるんですよね。

今じゃ当たり前と化してしまった光景も、10年前を思い出せば全くそんなことはなかったわけです。

昔を回顧しろって言ってるわけじゃない。

何が良いのか考えて判断しろと言っているんです。

 

2.なんでもできるように見えて、ただの器用貧乏

現在スマホ一台あればなんでもできるように思われがちですが、正しくはニュアンスが違うのです。

ここははっきりと認識している人がかなり少ないように感じます。

確かに便利な携帯機器であるとは思いますが、世間が言うほど「万能」ではないかとボクは思います。

具体的に例を挙げて考えてみましょう。

例えばスマホでニュースを読む人がいますね。

正直新聞を読んだ方が圧倒的に詳しい情報が書いてあります。

新聞記事をそのまま引用したかのようなインターネット上のアプリやらなにやらがありますが、実際あんなの要約にすぎません。

その程度の浅はかな理解ではしっかりと理解して話せるレベルには到底たどり着けないように思います。

次にネットでコラムを読む人がいますね。

これも確かに情報を得る導入としては素晴らしい機能を発揮していると思います。

しかし皆さんご存知のようにネット上の知識なんて信憑性がありません。

そんなこと知っているとは思いますよ? でも多くの人々は盲目的に信じ切っているんです。

だから政治家のネット戦略なんてものが始まる。

まあそこには触れないでおきましょう。

ここまではいいです。まだ利点もありますから。

次にスマホの辞書を使う人がいますね。

これは論外です。あり得ない。

辞書は紙辞書を使う方がいいに決まってる。

時間がなくて仕方がないってときは全然いいですよ。もしくは辞書を持ち歩けない状況にあるとかね。

でも学生の中には勉強をスマホ辞書でこなそうとする人も多いんですよ。

上の世代の皆さん、信じられますか?

今の学生の実態なんてそんなものです。もちろんちゃんとした人もいるにはいますけどね。

次にスマホのメモ帳。

これほどいらないものはないとボクは思ってます。

だって自分の脳を自ら弱体化させているようなものでしょう。

電子機器に膨大すぎるデータを預けるのは素晴らしく効率的なことだとは思います。

しかし、ほんの少しのメモなんかをわざわざスマホに書くのはいかがなものかと。

どうしても覚えられないならポケットに入るくらいのメモ帳を使えばいい。

自分の目で見たことを頭に取り込んで、自分の手を動かして文字情報を残す、このことに意味があるんです。

 

3.余分な情報を取り入れすぎている

現在の高度情報社会を構築しているのは間違いなくインターネットです。

そして近年それをさらに加速させているのは紛れもないスマホの存在。

そしてそれを常にいじらざるを得ない社会の様子。

気付かないうちにあなたたちは必要以上の情報を取り入れすぎているのです。

別に情報がたくさん入ること自体はいいんです。

高度情報化社会がそれで豊かになったことに変わりはありません。

問題なのは果たしてその情報がほんとうに正しいのかどうかなんです。

あなたたちは無意識のうちに正しくない、もしくは信じるに値しない情報まで無作為に取り込んでいるのです。

そのことの恐ろしさを一度実感しなくてはならない。

もちろんその情報を取り分けられるリテラシーがあるならばボクはいいと思います。

しかし大多数は、というよりもほぼすべての人々が情報を盲信しているように見えてなりません。

今はまだいいかもしれませんが、やがて無知な大衆と化してしまってはいけないのです。

 

4.歩きスマホ・ながらスマホの蔓延化問題

これも無駄です。

時間の無駄ではない、機会の無駄です。

歩きスマホをやめるだけで見える景色が大きく変わります。

今までは気が付かなかった四季の移り変わり、美しい景色、足元の草花に目がいくはずです。

ながらスマホに至っては人生の機会喪失の可能性が大きいのです。

昨今自動車運転中の悲しい事故のニュースが絶えません。

そんな世の中にしてはならない。

ボクは非常に強く思います。

他人事ではないんです。

 

以上長々と書いてきましたが、ボクが一番スマホ使用を控えろと言いたいのは学生です。

学生は自由な時間がほんとうに多い。

そんな時間をスマホなんかに費やし続けてはいけない。

生産性のあることをした方がいいに決まってる。

その隙間時間に何をするか。

ちょっとかさばっても、本一冊持ち歩くとか。

新聞を読むとか。

メモ帳を開いてやることを確認するとか。

周りを見回してみるとか。

ひまなときにスマホゲームじゃなくて勉強してみるとか、筋トレしてみるとか。

そうじゃなくても趣味に費やすとか。

もしくは友と会話するとか。

そういったことをぜひやってほしい。

別に大したことじゃないんです。十数年前まではみんなそうやって育ってきたんです。

このブログでは何度か言及していますが、今の日本を支えるのは間違いなくボクら学生になる。

そのことを絶対に忘れてはいけないんです。