ボクらは自由な大学生を謳歌する

現役大学生ブロガー/フリーライター「superwriter」/スポンサー募集中/お問い合わせ→http://www.superwriter.net/accses

不眠症を治すために改善すべき5つの生活習慣

f:id:superwriter:20161217130153j:plain

みなさんお久しぶりです、おさるです。

 

題の通り、ボクはしばらく不眠症のため生活習慣の改善に努めていました。

 

そもそも「不眠症になりかけた」というのが正しい表現でございます。

 

さかのぼること11月頭、ボクは深刻な睡眠障害に悩まされ、でもまだ少しは寝られるから大丈夫かと思っていたら、なんとある日一睡もできなかったんですね。

 

このままでは不眠症になりさらに症状が悪化するだろうと思い、ボクはその原因を探ったというわけです。

 

当時ボクは毎日にあまりストレスなどはなく(まあ人並みにはありましたが)、おそらく生活習慣の乱れが原因だろうと考えました。

 

そこで今回は簡単に実践できて、すぐに睡眠の質が上がる実践をご紹介します。

 

基本中の基本、湯船につかろう!

ふつうの人なら意識せずにやっていることかもしれません。

 

でも一人暮らしだと、気づけばシャワーになっていますよね。

 

だってお風呂沸かすのめんどくさいし、時間かかるし、水道代やガス代だってかかる。

 

でも湯船につかることは疲労回復だけでなく、睡眠にも非常に効果的なんです。

 

まず睡眠に入る(入眠する)際には、身体の表面から熱が放出されて深部体温が徐々に低下していくのです。

 

それによって入眠しやすくなるというわけですね。

 

実はこれを大きく助けているのが入浴です。

 

温かいお湯につかった身体はお風呂から上がると湯冷めしますよね。

 

全身から熱が放出されるわけですからもちろん深部体温だって下がります。

 

こうすることで入眠補助の効果があるんです。

 

もちろんこれは熱すぎない温度(約40℃)でなければ意味がありません。

 

42℃以上になると、逆に熱すぎて交感神経が活発化してしまいます(入眠時には副交感神経が働いている)。

 

さらに36℃よりも低くなると、単に身体を冷やしているだけになりますので、むしろ風邪をひいてしまいます。

 

ということで実は湯船につかることはとっても大切なんですね。

就寝一時間前にはスマホ・パソコン・テレビを使わない

これもよく言われることですが、多くの皆さんは使っちゃうでしょうね。

 

三日でいいから使用を控えてみてください。

 

これはやってみないと絶対に効果を実感できません。

 

本当に大きな違いがあるんです。

夜20時以降は運動を控える

アスリート大学生のあるあるかもしれませんが、日中授業で夕方バイトなんてなると夜にトレーニングするしかなくなりますよね。

 

だからといって夜遅くに運動をしてしまうと睡眠の妨げになります。

 

前述したとおり、入眠時には副交感神経が働いているのですが、運動はその逆で交感神経を活発化させてしまいます。

 

交感神経と副交感神経というのは対になっておりまして、どちらかが働いていると、もう一方の働きは弱くなるのです。

 

ですのでできる限り夜の運動は控えましょう

 

同じように、夜遅くの刺激物(辛いものなど)の摂取も控えましょう。

食生活を改善! 納豆ご飯で安眠!

次に食生活を見直してみましょう。

 

ボクの場合は毎日偏った食生活をしていました。

 

具体的に言えば、夜は外食、朝昼はその分食費を抑えて白米だけとか、パンだけとか。

 

見るからにひどい食生活ではありますが、大学生の実態なんてこんなものだと思います。

 

そこでボクは不眠症を改善する食べ物を探しました。

 

もちろんたくさんヒットしましたが、その中でも一番食べやすく、リーズナブルだったのが、「納豆」だったんです。

 

ということで、約一ヶ月ちょっと納豆ご飯生活をしてみました。

 

ボク自身すぐに飽きると思ってたんですが、意外と飽きないですね、納豆がおいしい。

 

納豆って単価が安いわりにおいしいし、ごはんに合うし、色んな種類があるしとても良い食材だなと強く思いましたね。

 

ちなみに納豆ご飯食べてると、お味噌汁がほしいなとか、もう一品おひたしがあれば、とかどんどんヘルシーな料理が欲しくなって、気づけば食生活は改善していました。

 

余談ですが、納豆ご飯生活をしていると非常に快便になります。

 

腸内環境も整いますので、その点でもおすすめです。

耳栓で外部要因をシャットアウト

ボクのアパートはなかなか壁が薄いうえに大通りに面しているので、実は一晩中うるさいんです。

 

トラックや暴走族、酔っぱらった大学生の奇声など、とどまることを知らないとはまさにこのこと。

 

そのためボクは耳栓がないと眠れません。

 

別にそんな高いものでなくても十分効果があります

 

ボクは近くのドラッグストアでたくさん入って500円くらいのやつを使っています。

 

案外使う時と使わない時でかなり差が出るのでおすすめですね。

 

以上、簡単に実践できる不眠症対策でした!

 

次は朝起きれない大学生が、早起きできる8つの実践法を読んでみよう!

次は快適な睡眠を安定して得る方法、環境作り編を読んでみよう!

次は不眠症を治すなら「北の大地の夢しずく」を飲んでみよう!を読んでみよう!