読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボクは自由な大学生を謳歌する

現役筑波大学生がプロブロガーになるお話

【物申す】文系学生が使えないというやつらは小説の一本や二本書けるもんなら書いてみろ

f:id:superwriter:20161101193213j:plain

「文系は就職で不利」「使えない」

そんな言葉を未だに耳にする今日この頃です。

そんなやつらにボクは物申したい!!

1.文句言う前に文系が何か知る努力をしろ!

文系に対していろいろ否定的なことを言うのは人それぞれだからいい。

でもその人たちは本当に文系のことについて知っているのか? という疑問。

文系の中にも様々な学問分野があるわけだし、所属が文系だというだけでもっと幅広い活動をしている人だっているんだ。

ひとくくりに「文系」を悪く言うのは筋違いってこと。

2.文句言う人たちは無から価値を生み出せるのか!

文系の最大の武器はまさにこれだ。

無から価値を生み出す力。

何もないところから自分で問題を発見し、価値を創造していく力。

一から文章を組み立ててストーリーを作る力。

これは見た目よりも相当エネルギーがいることなんです。

その素晴らしさを理解せずに文系を悪く言うのは本当に筋違いだ。

3.小説の一本二本書いてみろ!

ボクが言いたいのはこれ。

小説家なんてただの物書きだと言う人もいる。

でもどんなに短くても、小説を一から作って書き上げることは本当に難しいこと。

それもできずに文系の価値を語るのはおかしいじゃないか。

小説こそ文系の価値の集合体。

ここにボクらの活動の基本理念や軌跡が詰め込まれている。

 

 

以上、久々に自分の感情を書きなぐりました!

読んでくれた方、ありがとうございます!