ボクらは自由な大学生を謳歌する

現役筑波大学生ブロガー/フリーライター「superwriter」です

【つくば ラーメン】「銀の豚」の「濃厚辛つけ麺」がやみつきになる!

f:id:superwriter:20161028102851j:plain

つくば市桜にあるラーメン・つけ麺屋「銀の豚」

 

ここの名物、濃厚つけ麺シリーズの濃厚辛つけ麺を食べてきました!

 

ちなみに銀の豚ではつけ麺の量を無料で200/250/300gから選択できます。

 

さらに大盛450g(追加100円)があるんです!

 

今回いただいたのは、この大盛。

f:id:superwriter:20161028103200j:plain

 

だいぶ太麺です。もちもちで歯ごたえもあり、濃厚なスープとよく絡みます。

 

さあここでボク流のつけ麺の食べ方をご紹介します。

 

1.まずはトッピングをスープへ投入

銀の豚ではトッピングとしてチャーシューとメンマ、のりがあります。

のりはお好みでいいのですが、チャーシューとメンマは最初にスープの中に入れちゃいます。

後半になると、しっかりとスープが染み込んでとてもおいしくなります。

 

2.スープはあたたかいうちに! 替えスープを活用!

つけ麺の欠点として、途中でスープが冷めちゃうということがあります。

でも銀の豚で大盛を頼むと、一回だけスープのおかわりができるんです。

重食にはたまらないサービスですよね。

 

3.友達と行こう! 一回で二回分楽しめる

スープおかわりの制度を利用すると、何人かでそれぞれ違うつけ麺の大盛を頼めばおかわりで交換ができます。

 

つまり、一回の食事で二回分のつけ麺が楽しめるんです。

 

おすすめは辛つけ麺とえびつけ麺です。

 

さあ実際に食べてみた感想ですが、正直たまらない笑。

 

銀の豚は基本的に魚介スープを売りにしているのですが、この濃厚辛つけ麺はその魚介のうまみと辛みのうまさが同時に限界まで出るぎりぎりの絶妙なバランスを保っています。

 

あと少し辛くしたら、魚介を強くしたら崩れてしまいそう、そんな完璧な味わいが楽しめます。

 

そして辛つけ麺は飽きない!

 

今回ボクは大盛を辛つけ麺だけで食べましたが最後まで飽きることはありませんでした。

 

濃厚ということでかなり主張が強いのは確かにあるのですが、あとを引かないあっさりさもあってたまりません。

 

何度でも食べたくなる最高の一杯でした!

 

「銀の豚」の他のメニューは【つくば ラーメン】銀の豚の二郎系「銀郎ラーメン」大盛全増しを食べてきた!!を読んでみよう!

 

次はつくば市でコスパの高いラーメン・定食6選!を読んでみよう!

次は【つくば市 ラーメン】煮干し専門店「喜元門」でおすすめの「真空そば」を食らう!を読んでみよう!

次は【つくば ラーメン】二郎系「龍郎」で大盛全増しを喰らってきた!を読んでみよう!