ボクらは自由な大学生を謳歌する

現役筑波大学生がプロブロガーになるお話

【小説 感想】作家「綾崎隼」をおすすめしたい3つの理由

f:id:superwriter:20161019153613j:plain

皆さんは綾崎隼という作家をご存知ですか?

 

ボクは2011年に彼の小説に出会ってからすっかり夢中になってしまいました。

 

読書好きの方に「おすすめの作家は?」と聞かれると必ずこの方をすすめます。

 

まずは彼のプロフィールを簡単にご紹介しましょう。

 

綾崎隼

・2009年に第16回電撃小説大賞選考委員奨励賞を受賞

『蒼空時雨』メディアワークス文庫からデビュー作として出版すると、『花鳥風月シリーズ』、『ノーブルチルドレンシリーズ』など、人気シリーズを量産する。

 

そんな彼をボクがおすすめしたくなる理由とはなんでしょうか。

 

1.切ない若者たちの恋、リアルな結末が胸に残る

綾崎隼の作品に共通して言えることは、どれも若者たちの恋愛を題材にしているということ。

 

でも彼の作品には必ず、胸が苦しくなるような事件が絡んできます。

もうどうしようもない事態、救いようもない状況、そんな中でも作中の少年少女たちはけなげに前を向くのです。

 

もしかしたらラストで報われるかもしれない、そんな淡い読者の期待をいい意味でどんどん裏切っていく作者のストーリー展開には脱帽するばかりです。

 

2.複雑な恋の迷路、読めない展開がボクらを離さない

彼の作品にもう一つ言えることは、登場人物全員が複雑に恋の矢印を向けあっているということ

 

最後に結ばれるのは誰なんだろう、あの子はこんなに真っすぐなのにどうして。

そんな気持ちにさせられるなんとも切ない物語、一度読んだら止まらないんです。

 

3.登場人物がリンクする、同じ世界で語られるそれぞれのストーリー

彼の作品の一番の特徴と言っても過言ではないのが、このリンク性。

他の物語の登場人物が別の物語にも出てくるなんてざらにあります。

 

それぞれ時間軸が異なるため、謎にされたままだったその後が他の物語で明らかになることも。

 

読者を飽きさせない素晴らしい作家力です。

 

<何から読むべき? ボクのおすすめ『初恋彗星』>

じゃあどの作品から読んだらいいのか。

ボクのおすすめは『初恋彗星』です。

初恋彗星 [ 綾崎隼 ]

価格:637円
(2016/10/19 15:31時点)
感想(4件)

個人的に一番好きな作品でもありますが、なにより他の作品とのリンク性が一番高い作品なんです。

さらに言えば、綾崎隼らしさが一番濃く出た作品でもあります。

 

ボク的には近いうちに映画化しても全然おかしくない作家だと思います。

ぜひもっとメディアに取り上げられてほしいですね。