ボクらは自由な大学生を謳歌する

現役筑波大学生がプロブロガーになるお話

follow us in feedly

勉強したくないと言う文系大学生へ

f:id:superwriter:20161007204042j:plain

「大学 勉強」で検索すると、予測変換で「大学 勉強 しない(したくない)」と出てきた。

 

一体これはどういうことか、ボクは物申したい。

 

1.キミらは何をしにきたんだ!

勉強するために大学に来て、お金払って辛い受験勉強して「勉強したくない」とはどういうことだ!

 

中には遊びたくて大学に来た人もいるかもしれない、就職に有利だからと来た人もいるかもしれない。

 

 

でも、ちゃんと勉強一つできない人間が就職で有利になるわけないじゃないか!

 

試験が辛い、レポートが多い、そんなこと言ってる場合ではないんだ! 

辛いときこそ人生上り坂。

今このとき、キミたちは成長しているんだ!

 

2.得られることは知識だけじゃない!

これをボクはもっともっと多くの学生に理解してほしい。

 

学問で得られることは知識だけじゃない。

辛い過程や達成したときの感動、学びを通して得た友人や教授などの人脈。

何も無いところから、一から価値を生み出していくこと。

そのことにも十分意味があるんだ。

 

今自分は何も学んでいない、何を学んでいるんだろう、って思ってる学生のみんな。

一ヶ月前の自分と、今の自分を比べてみてほしい。

 

もしかしたら何も変わってないかもしれない、大きく成長したかもしれない。

どちらにせよ、この比較はキミたちの大学生活を真の意味で豊かにする。

 

大学生のうちには、特に人生を豊かにする方法、支出は投資と消費の二つに分けるを読んで自己投資をしてほしい。

 

大学生がやるべきただ一つのこと。自分の価値を高める自己投資でも自己投資の大切さを説いている。

 

3.キミたちは、責任ある大切な存在

ボクら若い世代はこれからの社会を担う大切な存在。

 

特に大学生は社会に出る猶予をもらっている自由期間だ。

 

それなのに、何もせず遊び呆けているのはもったいない!

 

勉強しよう、何かにチャレンジしよう。

やらなければ見えてこないことは沢山ある。

 

幸い大学生という立場は、色んなことに自由に挑戦できる。

 

まずは立ち止まった大学生よ、打席に立て! と言いたい。

 

社会人になってからじゃ遅いことだってあるし、今しか見えない視点もあるかもしれない。

 

そのときは是非、周りのひとたちを巻き込んで動いてほしい。

 

情熱には情熱が返ってくる。

 

でも、そう言われてもなかなか動き出しにくいかもしれない。

 

大丈夫。難しいのは最初の一歩だけ。

 

いわゆる凄い大学生と普通の大学生の違いはたったひとつ。

 

初めの一歩を踏み出せたかどうか。

 

いま、キミは光る原石だ。

 

さあ、やりたいことは胸に浮かんだろうか。

 

初めの一歩を踏み出していこう。

 

ボクも歩き出したばかりだ。