ボクらは自由な大学生を謳歌する

現役筑波大学生がプロブロガーになるお話

follow us in feedly

書籍レビュー-小説

「池井戸潤」ドラマ化おすすめ6作品のあらすじと経歴!

小説を出せばドラマ化、 そんな今をときめく作家「池井戸潤」。 今回は彼のドラマ化作品から、 おすすめの6作のあらすじを紹介します。 池井戸潤・経歴 下町ロケット 陸王 半沢直樹シリーズ 花咲舞が黙ってない ルーズヴェルト・ゲーム アキラとあきら 池井…

映画『火花』が絶対に売れる3つの根拠とあらすじ

芥川賞を受賞したピース又吉作の『火花』。 火花 posted with ヨメレバ 又吉 直樹 文藝春秋 2015-03-11 Amazon Kindle 7net それが、11月から実写映画が公開されます。 283万部の異例の大ヒットとなった『火花』が映画でも売れるのか? それを検証していきま…

読めばきっと、父の顔がみたくなる。重松清/『とんび』の感想

とんび (角川文庫) posted with ヨメレバ 重松 清 角川書店(角川グループパブリッシング) 2011-10-25 Amazon Kindle 7net 本書を手に取った理由は、いのちをかけて執筆した作者には失礼かもしれないが、 ホリエモンが獄中で読んで泣いたと知ったからだった。…

もう一度恋をしたくなる。30代40代の大人におすすめする恋愛小説5選

読み終わったあと、もう一度恋をしたくなる。 そんな恋愛小説を集めてみました。 恋愛をしたくても、もう、できない、 そんな子どもにはもどれない大人たちへ。 東京タワー/江國香織:「恋」よりも「愛」をもとめた青年たちの物語 東京タワー (新潮文庫) po…

【日本SF大賞】移住惑星の逆さ年代記。新井素子『チグリスとユーフラテス』の感想

最後のシーンを読み終えたとき、 ボクの目に映ったのは、規則正しくならんだ文字列ではなくて、 惑星ナインというひとつの命の鼓動だった。 『チグリスとユーフラテス』 新井素子作のSF大河小説。 今から約20年ほど前の作品ではあるけれども、 どこか今の私…

【感想】上橋菜穂子『精霊の守り人』の面白さを3つのポイントで紹介!

こんにちは、おさるです。 今回は漫画化、アニメ化、ドラマ化と絶大な人気を誇る『精霊の守り人』を紹介します。 あらすじ 女用心棒バルサはある日、新ヨゴ皇国の二ノ妃から皇子チャグムを託される。 彼に宿りしは、精霊の卵。サグ〈この世〉とナユグ〈あの…

【感想】上橋菜穂子『闇の守り人』が幅広い層に人気の3つの理由

作家上橋菜穂子さんと言えば、『守り人シリーズ』で有名な作家ですね。 ボクの一番好きな作家です。 彼女の作品の中でボクが最もおすすめしたい作品が、この『闇の守り人』。 闇の守り人 [ 上橋菜穂子 ] 価格:680円(2016/10/18 12:32時点)感想(73件) 『守り…

【小説 感想】江國香織『左岸』に愛と人生を考えさせられる

ボクの大好きな作家の江國香織さん。 今回ご紹介する作品『左岸』は上下巻構成。 左岸(上) [ 江國香織 ] 価格:810円(2016/10/20 22:08時点)感想(23件) 左岸(下) [ 江國香織 ] 価格:810円(2016/10/20 22:09時点)感想(19件) しかも辻仁成の『右岸』と対に…

【小説 感想】作家「綾崎隼」をおすすめしたい3つの理由

皆さんは「綾崎隼」という作家をご存知ですか? ボクは2011年に彼の小説に出会ってからすっかり夢中になってしまいました。 読書好きの方に「おすすめの作家は?」と聞かれると必ずこの方をすすめます。 まずは彼のプロフィールを簡単にご紹介しましょう。 …

【小説 感想】江國香織「東京タワー」は何度でも読み返してしまうほど深い作品

江國香織さん、ボクの大好きな作家のひとりです。 その中でもダントツに好きな作品が「東京タワー」 東京タワー [ 江國香織 ] 価格:637円(2016/10/18 07:22時点)感想(58件) 今回はその魅力というかボク個人の好きな点をお伝えします。 1.まずは物語の設定に…